• ソフトウェアシステム研究グループ

    ソフトウェアシステム
    研究グループ

    アルゴリズムやモデリングなど情報科学を基礎とした知能ソフトウェアの開発と応用に関する研究を行っています.

  • 情報ネットワーキング研究グループ

    情報ネットワーキング
    研究グループ

    新世代の知的情報ネットワークの実現を目標とし,新たな網アーキテクチャ,ネットワーク制御方式,さらにアプリケーション高度化技術に関する研究を行っています.

  • 知能メディア処理研究グループ

    知能メディア処理
    研究グループ

    文字,画像,図表,映像,音楽などで構成される複合情報メディアを,誰でもどこでも簡単に利用できるような知的なメディアに変貌させるための,様々な情報処理に関する研究を行っています.

  • 知的信号処理研究グループ

    知的信号処理
    研究グループ

    人間の運動機能を実現する知的制御系の設計と,人間のパターン認識能力を実現する知的パターン認識システムの設計と応用に関する研究を行っています.

  • 並列分散処理研究グループ

    並列分散処理
    研究グループ

    GPUを用いた高速計算や,分散アルゴリズムによる機器の協調動作を実現します.

  • 社会情報学研究グループ

    社会情報学
    研究グループ

    情報工学に関する諸問題について、確率・統計論に基づいてモデルを構築し、種々のデータに含まれる有用な情報を抽出することや、その問題の特性とより効率的な解を理論的に導出・提案することにより問題解決をはかります。

  • 人間情報システム研究グループ

    人間情報システム
    研究グループ

    クラスター分析法と多変量解析法の融合手法によるデータベースからの知識発見,認知モデルの理論研究,磁気共鳴画像法での記憶機能解明のためのデータ解析などの研究を行っています.

  • 計算知能工学研究グループ

    計算知能工学
    研究グループ

    ファジィ理論や進化計算などに代表される計算知能を用いて,進化型多目的最適化や多目的知識獲得,マルチエージェントシステムなどに関する研究を行っています.

  • 知的アルゴリズム研究グループ

    知的アルゴリズム
    研究グループ

    効率的なアルゴリズムを設計・解析するための計算機科学の基礎理論と,それらにもとづくデータマイニングや自然言語処理などの現実問題を知的に解決するアルゴリズムを研究しています.

このHPに関する御意見・御質問は以下のアドレスにお寄せください
mail
メールアドレス

パンフレットPDF
情報工学課程パンフレット

 

『ドイツ・インターンシップ体験記』

谷垣 勇輝 計算知能工学研究グループ
yuki.tanigaki@ci.cs.osakafu-u.ac.jp

留学先 :ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ヨーロッパ(HRI-EU)
期間 :2013年9月~2014年2月

私はドイツにあるホンダ・リサーチ・インスティチュート・ヨーロッパ(HRI-EU)に学部四回生の2013年9月から半年間、インターンシップに行っていました。
HRI-EUは名前からも分かる通り、日本の自動車会社ホンダ(本田技術研究所)の関連企業で、コンピュータサイエンスに関する研究を行う会社です。会社の社長であるBernhard Sendhoffさんと私の所属している研究室の教授である石渕久生先生が知り合いであった縁から、インターンシップの話を頂きました。
半年間で、最も大変だったのはやはり言語の壁です。ドイツにあるHRI-EUですが、社内公用語は英語だと事前に聞いていたので、少なくとも簡単な会話ぐらいできるだろう、と高を括っていました。しかし実際に行ってみると、当初は簡単な単語でもよく聞き取れず、特に事務連絡などの日常会話とは種類の異なる英会話に悩まされました。また、インターンシップに来ていた学生は、ドイツ人やインド人、オランダ人といった英語が苦にならない人達だったので、学生同士がスラスラと会話している中に入っていくのはとても大変だったことを覚えています。しかし、半年間の生活の中で徐々に慣れていき、インターンシップを終える頃には、レストランで食事をしながら楽しくコミュニケーションを取れるようになることができました。
また、HRI-EUでもう一つ大きな経験となったのが、研究所が持つ設備を使って行う研究です。研究所には大規模なクラスタコンピュータ設備があり、その設備を使って行う実験はとても貴重な経験になりました。また、社内PCのOSがLinuxに統一されていたことから、Linuxを”仕事用”に使いこなす必要があり、これも大変勉強になりました。
加えて、ドイツ滞在中にヨーロッパにある他の国に行けたことも重要な体験だったと思います。クリスマス休暇でHRI-EUが休みとなった際には、ギリシャに短期間の旅行に行くことができました。また、当初は予定になかったのですが、イギリスのサリー大学へ出張させて頂くことができ、数日間ながらサリー大学に滞在し、学生と研究に関する意見交換を行うことができました。
海外でインターンシップに行ったことは、すばらしい経験でした。日本では自宅通学をしており、ドイツでの生活が人生初の一人暮らしということで戸惑うことも多々ありましたが、終わってみれば短く、そしてもっと続けたいと思えるような半年間でした。このインターンシップで得られた経験を活かして今後も励みたいと思います。