• ソフトウェアシステム研究グループ

    ソフトウェアシステム
    研究グループ

    アルゴリズムやモデリングなど情報科学を基礎とした知能ソフトウェアの開発と応用に関する研究を行っています.

  • 情報ネットワーキング研究グループ

    情報ネットワーキング
    研究グループ

    新世代の知的情報ネットワークの実現を目標とし,新たな網アーキテクチャ,ネットワーク制御方式,さらにアプリケーション高度化技術に関する研究を行っています.

  • 知能メディア処理研究グループ

    知能メディア処理
    研究グループ

    文字,画像,図表,映像,音楽などで構成される複合情報メディアを,誰でもどこでも簡単に利用できるような知的なメディアに変貌させるための,様々な情報処理に関する研究を行っています.

  • 知的信号処理研究グループ

    知的信号処理
    研究グループ

    人間の運動機能を実現する知的制御系の設計と,人間のパターン認識能力を実現する知的パターン認識システムの設計と応用に関する研究を行っています.

  • 並列分散処理研究グループ

    並列分散処理
    研究グループ

    GPUを用いた高速計算や,分散アルゴリズムによる機器の協調動作を実現します.

  • 社会情報学研究グループ

    社会情報学
    研究グループ

    情報工学に関する諸問題について、確率・統計論に基づいてモデルを構築し、種々のデータに含まれる有用な情報を抽出することや、その問題の特性とより効率的な解を理論的に導出・提案することにより問題解決をはかります。

  • 人間情報システム研究グループ

    人間情報システム
    研究グループ

    クラスター分析法と多変量解析法の融合手法によるデータベースからの知識発見,認知モデルの理論研究,磁気共鳴画像法での記憶機能解明のためのデータ解析などの研究を行っています.

  • 計算知能工学研究グループ

    計算知能工学
    研究グループ

    ファジィ理論や進化計算などに代表される計算知能を用いて,進化型多目的最適化や多目的知識獲得,マルチエージェントシステムなどに関する研究を行っています.

  • 知的アルゴリズム研究グループ

    知的アルゴリズム
    研究グループ

    効率的なアルゴリズムを設計・解析するための計算機科学の基礎理論と,それらにもとづくデータマイニングや自然言語処理などの現実問題を知的に解決するアルゴリズムを研究しています.

このHPに関する御意見・御質問は以下のアドレスにお寄せください
mail
メールアドレス

パンフレットPDF
情報工学課程パンフレット

 

『国際会議IEEE SECON2014発表報告』

梅野 祐太 情報ネットワーキング研究グループ
umeno@com.cs.osakafu-u.ac.jp

会議名 :IEEE International Conference on Sensing, Communication, and Networking (SECON2014)
開催場所 :シンガポール
期間 :2014年6月30日~7月3日

2014年6月から7月にかけて IEEE SECON 2014 という国際会議に参加するためシンガポールへ行きました。そのときの報告を記したいと思います。
Conf201406_SECON2014-1

国際会議に採択されるまで

我々の研究室は情報ネットワークについて研究しており、次世代の社会を担うネットワークの実現を目指しています。その中でも私のテーマは、無線LANマルチキャスト配信における省電力化です。スマートフォンなどの端末はバッテリー駆動のため、通信時における消費電力をいかに削減するかを目標としています。

この研究もはじめは方針が固まらず全く進みませんでした。そのときは自分だけで悩んでしまっていたためどうしたらいいのかわからず苦しんだのを覚えています。そこで、研究室の仲間に相談したり、先輩の真似をしたりすることで少しずつ解決の糸口をつかんでいきました。その結果、3か月の間に3度の国内学会に原稿を出すことができました。このように実績を積んでいき、ついに今回の国際学会に原稿を通すことができたのです。これも研究室の先生方、仲間のおかげです。このとき問題解決には一人で悩まず人に相談すること、またそのためのコミュニケーション力が大切だと改めて感じました。

 

学会での感想

シンガポールという国はIT化が進んでいる先進国であり一方、熱帯気候特有の雰囲気ももつすばらしい国でした。私にとって初海外であるシンガポールはとても有意義なものになりました。途中、食事で香辛料にあたってしまいお腹を壊したのも今ではいい思い出です。

Conf201406_SECON2014-2肝心の発表ですがやはりここでもコミュニケーションが大切であると感じました。様々な国の人達が集う会議で、自分の思っていることがうまく伝わらない。同じ英語でもそれぞれの国特有の訛りがあり聞き取ることができない。コミュニケーションができず私は非常にもどかしくなりました。世界のスタンダードは英語であること、また生の英語でのコミュニケーションの難しさを直に感じる経験になったと同時に、英語の必要性ともっと勉強をしようという気持ちがわきました。

これからも様々な困難な状況に出会うと思いますが、この経験を生かして頑張っていきたいと思います。

最後に研究を進めるにあたりお世話になりました先生方、研究室の仲間に改めて感謝の意を表します。