• ソフトウェアシステム研究グループ

    ソフトウェアシステム
    研究グループ

    アルゴリズムやモデリングなど情報科学を基礎とした知能ソフトウェアの開発と応用に関する研究を行っています.

  • 情報ネットワーキング研究グループ

    情報ネットワーキング
    研究グループ

    新世代の知的情報ネットワークの実現を目標とし,新たな網アーキテクチャ,ネットワーク制御方式,さらにアプリケーション高度化技術に関する研究を行っています.

  • 知能メディア処理研究グループ

    知能メディア処理
    研究グループ

    文字,画像,図表,映像,音楽などで構成される複合情報メディアを,誰でもどこでも簡単に利用できるような知的なメディアに変貌させるための,様々な情報処理に関する研究を行っています.

  • 知的信号処理研究グループ

    知的信号処理
    研究グループ

    人間の運動機能を実現する知的制御系の設計と,人間のパターン認識能力を実現する知的パターン認識システムの設計と応用に関する研究を行っています.

  • 並列分散処理研究グループ

    並列分散処理
    研究グループ

    GPUを用いた高速計算や,分散アルゴリズムによる機器の協調動作を実現します.

  • 社会情報学研究グループ

    社会情報学
    研究グループ

    情報工学に関する諸問題について、確率・統計論に基づいてモデルを構築し、種々のデータに含まれる有用な情報を抽出することや、その問題の特性とより効率的な解を理論的に導出・提案することにより問題解決をはかります。

  • 人間情報システム研究グループ

    人間情報システム
    研究グループ

    クラスター分析法と多変量解析法の融合手法によるデータベースからの知識発見,認知モデルの理論研究,磁気共鳴画像法での記憶機能解明のためのデータ解析などの研究を行っています.

  • 計算知能工学研究グループ

    計算知能工学
    研究グループ

    ファジィ理論や進化計算などに代表される計算知能を用いて,進化型多目的最適化や多目的知識獲得,マルチエージェントシステムなどに関する研究を行っています.

  • 知的アルゴリズム研究グループ

    知的アルゴリズム
    研究グループ

    効率的なアルゴリズムを設計・解析するための計算機科学の基礎理論と,それらにもとづくデータマイニングや自然言語処理などの現実問題を知的に解決するアルゴリズムを研究しています.

このHPに関する御意見・御質問は以下のアドレスにお寄せください
mail
メールアドレス

パンフレットPDF
情報工学課程パンフレット

 

『国際会議IEEE CCNC2014発表報告』

西井 健人 情報ネットワーキング研究グループ
nishii@com.cs.osakafu-u.ac.jp

会議名 :IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC2014)
開催場所 :アメリカ合衆国 ネバダ州 ラスベガス
期間 :2014年1月10日~1月13日

今回は,2014年1月にアメリカのラスベガスで開催された,IEEE CCNC国際学会に参加した際の私の経験について述べようと思います.私は卒論から継続して同じテーマでの研究を続けており,今回のCCNCでの発表も時間をかけて積み上げてきた内容でした.そのため,採択が決まったときには,これまでの努力が認められた気がして非常にうれしく感じました.
Conf201401_CCNC2014
 

アメリカに降り立って

私は今回が初の海外体験だったのですが,実際に海外に出て最も強く痛感したのは,やはり英語の重要性でした.往復の飛行機内や空港,街角などで,様々な国籍の方々が英語を前提にコミュニケーションを取る光景には,想像はしていてもいざ自分がそこに放り込まれたときには大きな衝撃を受けました.

 

学会での感想

学会の会場内でもそれは同じことで,先生方のサポートを受けながら自分の発表を済ませた後,他の方の発表を聞く際には,仮に話を聞き逃したりすれば日本語で質問できる相手がいないという状況に,普段の何倍もの集中力を要することとなりました.世界中から集まった研究者による発表は非常に刺激的で,自分の研究内容や発表の仕方と比較することも大変勉強になりました.総じて,非常にいい経験になったと考えています.

 

コンシューマー・エレクトロニクス・ショー (CES)へも参加

Conf201401_CCNC2014-2

また,CCNCは,毎年ラスベガスで開催されています.その際CESという家電見本市が同じくラスベガスで開かれるのと日程を合わせているそうで,今年もほぼ同時期の開催となっていました.こちらにも1日だけではありましたが参加し,最先端技術や製品,各メーカーが見据える今後の展望などに触れる機会を得ることができました.