• ソフトウェアシステム研究グループ

    ソフトウェアシステム
    研究グループ

    アルゴリズムやモデリングなど情報科学を基礎とした知能ソフトウェアの開発と応用に関する研究を行っています.

  • 情報ネットワーキング研究グループ

    情報ネットワーキング
    研究グループ

    新世代の知的情報ネットワークの実現を目標とし,新たな網アーキテクチャ,ネットワーク制御方式,さらにアプリケーション高度化技術に関する研究を行っています.

  • 知能メディア処理研究グループ

    知能メディア処理
    研究グループ

    文字,画像,図表,映像,音楽などで構成される複合情報メディアを,誰でもどこでも簡単に利用できるような知的なメディアに変貌させるための,様々な情報処理に関する研究を行っています.

  • 知的信号処理研究グループ

    知的信号処理
    研究グループ

    人間の運動機能を実現する知的制御系の設計と,人間のパターン認識能力を実現する知的パターン認識システムの設計と応用に関する研究を行っています.

  • 知識情報マネジメント研究グループ

    知識情報マネジメント
    研究グループ

    大量データの効率的な可視化とその分析環境の構築をめざして,可視化のためのGraph Drawing法や,可視化対象である有用な情報や知識の抽出,そして可視化分析のための環境開発を行っています.

  • 医療看護情報システム研究グループ

    医療看護情報システム
    研究グループ

    医療や看護などの公共的なサービスを提供する情報システムについて研究します.周辺領域(経営,組織マネジメント,その他の基礎技術)の知識も組み込んで新しい情報システムを考えていきます.

  • 人間情報システム研究グループ

    人間情報システム
    研究グループ

    クラスター分析法と多変量解析法の融合手法によるデータベースからの知識発見,認知モデルの理論研究,磁気共鳴画像法での記憶機能解明のためのデータ解析などの研究を行っています.

  • 計算知能工学研究グループ

    計算知能工学
    研究グループ

    ファジィ理論や進化計算などに代表される計算知能を用いて,進化型多目的最適化や多目的知識獲得,マルチエージェントシステムなどに関する研究を行っています.

  • 共生コンピューティング研究グループ

    共生コンピューティング
    研究グループ

    高度知能化したコンピュータがヒトとシステム,環境との協調・調和に役立つことを目標として,自律学習モデルやデータからの自動意思決定,3D シミュレーションに関する研究などを行っています.

このHPに関する御意見・御質問は以下のアドレスにお寄せください
mail
メールアドレス

大学院工学研究科 電気・情報系専攻 知能情報工学分野 博士前期課程1年の面崎祐一さんらの論文が FUZZ-IEEE2020 において Best Student Paper Award を受賞.

知能情報工学分野 博士前期課程1年 面崎祐一さんらの論文が 2020年7月19日から24日に開催された IEEE International Conference on Fuzzy Systems (FUZZ-IEEE) において Best Student Paper Award を受賞しました.

Y. Omozaki, N. Masuyama, Y. Nojima, and H. Ishibuchi,
“Multiobjective Fuzzy Genetics-Based Machine Learning for Multi-Label Classification,”
IEEE International Conference on Fuzzy Systems (FUZZ-IEEE), pp. 1-8, Glasgow, UK, July 19-24, 2020.

研究室詳細はこちら